「不祥事、問題があった企業と付き合え!」投資、FX無料資料プレゼント

ここでは、「不祥事、問題があった企業と付き合え!」投資、FX無料資料プレゼント に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログは無料セミナー、無料レポート・小冊子、無料資料
などで、稼ぐ儲ける株式投資、FX(外国為替証拠金取引)投資、
ビジネス等を勉強し、スキルアップすることを目的としています。

「不祥事、問題があった企業と付き合え!」

私の友人で、大儲けした人がいる。どこにでもいる普通のOL。
月給は20万円程度だ。

実は株で勝ったのだ。といってもよくいるデイトレーダーではない。

一日中コンピュータの前にかじりつき、秒単位で取引するわけで
はない。

かといって、インサイダー情報に近いものを手に入れたわけでもな
い。

何で大勝したのか?

彼女が買っていた株の中に、りそな銀行、三菱自動車がある。
どちらの株も世間では様々な理由で騒がれた時期に買っている。

つまり、みんなが「あの企業はダメだ」と考え、株を売っている時
に安い値段で株を買ってそれが上がると売る。これが彼女のやり方
だ。

彼女は「世間での評判が落ちた企業は、必ず信頼を回復しようとい
いサービスや商品を提供しようとがんばる。それが後で株価に反映
される。だから世間で騒がれたときこそチャンス」という。

だから、今評判が悪い株を買いましょう!と私は勧めているわけで
はない。(もちろん、買いたい方はご自由に!!)

そうではなくて、世間では騒がれた企業の商品やサービスは他社よ
りも優れているケースや有利なケースが多いので、一度はチェック
した方がいい!!ということを言いたい。

そこで今一番オススメなのが2007年3月まで手数料が無料
(0円)のライブドア証券のFX(外国為替証拠金取引)だ。
FX手数料【¥0】(07年3月末まで)『livedoorFX』


私はこの手数料が無料(0円)のキャンペーンを見て、信頼を回復
しようとがんばっている会社ならでは!!と感じた。

証券会社やFXのサービスを提供する会社の収入の源は普通手数料。

それを無料にしてまで・・・私はこれ以上の消費者に対するサービ
スはないと感じてしまった。



「FX」(外国為替証拠金取引)という言葉を聞いて「何?」と思
った方、すぐに明確な答えが頭に浮かばない方は、この資料を請求
して勉強することをオススメする。

また既にFXをやっている方、または今まで資料請求したことのあ
る方は、今までの会社のサービスと比べる価値は絶対ある。

ともかくまずはFXというものがどんなものなのか、無料で資料を
請求することをオススメする。

株とどう違うのか?FXの特徴は何なのか?資料を読めばすべてわ
かるはず。

今この「FX」を資産運用の方法の一つとしてやっている方が毎年
増えている。

大手書店の金融本コーナー に行けば一番多いのは株式関連次に多い
のがこの「FX」に関しての本。

本屋でチェックしてみるといい。 1,000円~1,500円のお
金を出して、これらの本を購入するのもいいがそれとほぼ同じ内
容をこの無料資料で十分勉強できると私は思っている。

株式より小額でスタートできて・・・何よりFXは仕事を終えて家
に帰ってからも取引できることがビジネスパーソンにとってはうれ
しい。

(日本の株式は平日の午後3時までしか取引できない)
(FXの場合、平日は24時間取引できる)



また投資や金融に全く興味がない方でも・・・復活、信頼回復を目
指す企業が一体どんなサービスを提供しているのかを見るだけでも
十分勉強やヒントになるはず。

請求した資料は、あなたのビジネスにプラスはあってもマイナスは
絶対にないと確信している。



まずは無料でいただける資料を請求してはどうだろうか。
FX手数料【¥0】(07年3月末まで)『livedoorFX』


勘違いしてほしくないのは、私は何かを売ろうとしているわけでは
ないことだ。

一人でも多くの方に正しい知識を持ってほしい、自分のお金を守り
増やすときに1つでも 多くの選択肢を持ってほしいという思いが
強くあるだけなのだ。

投資である以上リスクはつきもの。

やって失敗したり、悪いことは世の中にいくらでもある。 しかし
知っているだけで、知識を増やすことだけでダメなことは 1つも
ないのだから。

さあ、あとは少しの行動力とほんのちょっとの探求心だけ。 あな
たの知識が深まったときには・・・必ず幸せが訪れると 私は確信
している。



こちらをクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://muryo21.blog80.fc2.com/tb.php/34-43d7e7d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。