無料電話相談!~間違った生命保険の掛け方なんて1つもない!~

ここでは、無料電話相談!~間違った生命保険の掛け方なんて1つもない!~ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログは無料セミナー、無料レポート・小冊子、無料資料
などで、稼ぐ儲ける株式投資、FX(外国為替証拠金取引)投資、
ビジネス等を勉強し、スキルアップすることを目的としています。

「間違った生命保険の掛け方なんて1つもない!」

家に来たまたは職場に来た保険営業員が、あなたが既に加入
している生命保険証券だけを見て「あなたの保険の掛け方は
間違っています」とか「失敗しています」「損しています」と
言ったら、その保険営業員には気をつけたほうがいい。

なぜなら・・・生命保険の掛け方自体に間違い・正しい
正解・不正解なんて存在しないからだ。

一般的に・・・生命保険は万が一のときの経済的リスクを
カバーするものと言われる。世帯主である主人が亡くなった
とき、残された家族が亡くなる前と同じ生活ができるように
保険を掛ける。だから、亡くなる前よりも保険が支払われる
ことで、残された家族が裕福になってしまうような保険の
掛け方は「ムダ」「失敗」と判断されることが多い。

でも・・・こんな考えもある。

私が以前に保険を販売していたときに契約していただいた
Aさんのケース。万が一のとき、今と同じ生活レベルを維
持するために必要な保障は3,000万円。通常ならこの金
額で保険を掛ける。でもAさんが加入した保険は1億円!
自分が亡くなったら家族もたいへんだから、今よりいい生
活をさせたいという思いがAさんにはあったからだ。

またBさんの場合。計算上では必要な保障は4,500万円。
しかしBさんは1,000万円しか保険に加入しなかった。
万が一のときは、Bさんの奥様は看護婦の資格があり、すぐに
働ける。そして家も奥さんの広い実家に住めるので、大きな
死亡の保障は必要ないのだ。

いかがだろうか?保険は正しい・間違い、ムダ・適正という
言い方はちょっと???ではないだろうか?

大切なことは、一般論ではなくて、
「あなたの考え」「あなたの思い」に合っているかいないか?
と私は確信している。

「あなたの考え」とか「あなたの思い」はコンピュータには
反映されない。機械的な見積書や設計書では判断がつなかい。

そう生身の人間しかわかり得ないのだ!!!

あなたの生命保険があなたに合っているかは、あなたの考えや
思いがわかる人間でしか判断がつかないと私は考えている。

今、オススメなのは、全く無料で専門のFPがあなたの生命保険
の相談にのってくれるこちら↓
さあ、今すぐ相談!!

FP無料生保相談

あなたが加入している生命保険とあなたの思い、考え、予定が
合っているかいないかを正確にアドバイスしてくれる。メール
や書類ではなく、電話で・生の声で話してくれるのが、非常に
わかりやすいはず。文章では人は言いたいことの5%しか伝わ
らないと言われているので、あなたの考えを伝えるにも電話
相談はベストであろう。

直接会って面談ではちょっと抵抗ある感じるのではないか。

面と向かってしまえば、無理に勧誘されるかもしれない。
逃げ場がなくなるかもしれないと考えるとが普通。

でも安心してほしい。

電話なら強引な勧誘が万が一あれば、切ってしまえばいい。
楽な気持ちで相談を受けられるのでは?

また無理な勧誘は一切ないと相談を受ける側も明言している。
特定の保険会社に属さない専門のFPが対応することもこの制
度の大きな特徴。

とにかく安心できる。

あなたの考えに合っていない保険を掛けて・・・月々3000円
多く保険料を払っているとする。あなたがもし30歳なら・・・
60歳までにその累計の差は100万円以上になってしまう。

人生で住宅についでの大きな買い物と言われる生命保険。
1,000万円以上の保険料を払う人も少なくないことを考えると
まずは無料の相談を一度受けてみても絶対に損はない。

しつこいようだが・・・無理な勧誘はないようなので安心して
ほしい。

こちらをクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://muryo21.blog80.fc2.com/tb.php/24-be7893b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。