無料資料でこれから必ず伸びる業界を勉強する!!

ここでは、無料資料でこれから必ず伸びる業界を勉強する!! に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログは無料セミナー、無料レポート・小冊子、無料資料
などで、稼ぐ儲ける株式投資、FX(外国為替証拠金取引)投資、
ビジネス等を勉強し、スキルアップすることを目的としています。


「成長産業で儲ける!
~まだみんな気づいていない!これから必ず伸びる業界とは?~」

「日本で結婚したカップルの32%が●●。●●って何だと
思いますか?」先日、ある会合で知り合ったビジネスマンから
された質問です。

32%・・・3組に1組。結構高い割合です。共働きの夫婦?
親と同居の夫婦?持ち家??実はどれも違います。これは
ナント離婚する夫婦の割合なのです。これは2000年のデ
ータらしいのですが、1995年からの5年間で10%も
この離婚が上がったとのことです。確かに自分の友人を考えて
も離婚した夫婦は珍しくありません。結婚して数年で別れて
しまったケース、子供がいながら離婚したケースなど決して
特別なことではなくなってきています。(残念ながら・・・)

これを教えてくれた方は・・・「だから私のビジネスはうまく
いくんですよ」と続けて言いました。

えええ???離婚率が増えて儲かる会社???またまたなぞ
です。その社長は派手ではありませんが、着ているスーツ
の仕立てはよさそう・・・それに靴も高そうなものを履いている
それでいてすごく落ち着いた雰囲気・・・「弁護士をされている
のですか?」という私の言葉にその方は笑ってこう答えました。

「探偵業です」

話を聞けば、以前は人材関係のビジネスをやっていて新規事業で
探偵業に進出。現在は元のビジネスをたたみ、探偵業1本という
こと。

後で調べてわかったことですが・・・
アメリカでは既に2組に1組が離婚するのです。大変残念では
ありますが・・・日本でもアメリカ並みになると容易に予想で
きます。熟年離婚や年金の離婚後の分割制度を考慮しても
今後も離婚が増えることは確実です。それに伴い、浮気やさまざま
なことを調査する「探偵が活躍する市場」はますます拡大・成長す
るはずです。

浮気などの調査以外の業務でもその活躍は期待できるのではない
でしょうか。警察の検挙率の低下や人員の不足などで今後注目を
浴びるのは、警備業と並んで、この「探偵業」のはずです。
かつて松田優作などがテレビドラマで演じた「探偵」に困り事や
警察は動いてくれない事件などを依頼することが、珍しくない
時代が来ても決しておかしいことではありません。

そんな成長産業、事業に少しでも興味がある方にオススメなのが
私立探偵独立開業学校『オフィスエル探偵学校』
の無料でもらえる資料。(ホームページ中央左のピンクの文字で書かれた資料請求をクリック
してください。無料で詳しい資料がもらえます)

あなたの独立もしくは新規事業のひとつの選択肢としてこの資料は
たいへん参考になると確信しています。

人々の悩みや困難を解決する仕事は、すばらしいステイタスがありま
す。病気を治す医者、歯の痛みを和らげてくれる歯医者、そして
様々な問題を解決してくれる弁護士・・・これらに並ぶ職業として
探偵も地位が向上することは間違いないのではないでしょうか。

あなたがサービスや商品をお客様に提供して、あなたがお客様に
「ありがとう」とお礼を言うもの立派なビジネスです。

でも逆にお客様からお金をいただきながら「ありがとう」と言わ
れるビジネスも非常に魅力的ではないでしょうか??ましてその
業界がまだライバルが少なく、今後も伸びるものだったなら・・・

ビジネスは情報が勝負の時代です。今の自分の業界しか知らない
では、新しいチャンスも新しい発想も生まれません。知っていて
損することは決してありません。(やって損する、悪いことはた
くさんありますが)

私立探偵独立開業学校『オフィスエル探偵学校』
自分には向いていない。できない。・・・と最初からあきらめ ないで・・・チャンスは目の
前にあるかもしれません。冒頭 お話したビジネスマンの方も
チャンスを掴むきっかけはほんの 少しの勇気とちょっとした
行動だったのですから・・・

こちらをクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://muryo21.blog80.fc2.com/tb.php/16-19aa714e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。