「WEB2.0時代の生き残り方」ビジネスノウハウ、稼げる儲ける株式投資・FX・資産運用、スキルアップ等の無料で勉強する方法をご紹介します。無料のセミナー、レポートであなたのビジネス・人生は豊かになります。

ここでは、「WEB2.0時代の生き残り方」ビジネスノウハウ、稼げる儲ける株式投資・FX・資産運用、スキルアップ等の無料で勉強する方法をご紹介します。無料のセミナー、レポートであなたのビジネス・人生は豊かになります。 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビジネスノウハウ、稼げる儲ける株式投資・FX・資産運用、スキルアップ等の無料で勉強する方法をご紹介します。無料のセミナー、レポートであなたのビジネス・人生は豊かになります。




「WEB2.0時代の生き残り方」




「WEB2.0」という言葉を本当によく耳にするようになった。

あなたもきっと同じではないか?



「WEB2.0」とは一体どういうことなのか?と質問されれば
私はこう答える。




「消費者が決める、消費者が中心の仕組み」





ネット証券の勝ち組企業の松井証券の松井社長は

「これからの時代は顧客第一主義ではダメ。

 顧客中心主義だ!」と言っていた。



要するに・・・顧客第一主義というのは、あくまで商品や
サービスを提供する側の論理でしかない。


「お客様を大事に、一番に考えよう」というのは商売人発想以外
の何物でもないのだ。


この考え自体が古い。

商売人の側から考える、商売人が決めるということの

対極にあるのだ「WEB2.0」と言えるのではないか?



例えば商品の値段。


今までは商売する側が主導権があったし、すべて決めていた。


販売価格500円のプラモデルがあったとする。

これは
原価がいくらで・・・販促費がいくらで・・・利益をいくらにしたい
から・・・・・販売価格が500円となっていた。



一方で、このプラモデルが非常に人気があって、入手困難
であったなら
市場価格はおそらく3,000円とか5,000円になるはず。

逆に全く人気が出ないで、誰も欲しがらなければ
市場価格は下がり、200円とか100円とかになるだろう。


これらの価格は、商売をする側が決めた価格ではなく
消費者が決めたものと言っていい。



こんなことが簡単に、かつ頻繁に起こりうるのが「WEB2.0」
の社会ではないか。




そういう意味では
人気テレビ番組「なんでも鑑定団」で評価される値段も
同じでだろう。

それこそ昔、5文だった壺が・・・今では何十万、場合に
よっては何百万円にもなるのだ。



こうように「WEB2.0」を考えてくると・・・・



消費者が値段の決定権を持つ最たるものと考えられる

ヤフーオークションなどに代表されるオークションサイトが

今後どのようになっていくと思うだろうか?



今以上に発展し、我々の生活により密接になるとは考えら

れないだろうか?


そしてビジネスパーソンにとってはこの「WEB2.0」が大きな

大きなビジネスチャンスになるとは感じないだろうか?




「WEB2.0」のキーワードとなるオークションを
自分のビジネスにどう活かしたらよいか?が詳しくは
わかる資料が、ヤフーオークションストアから無料でもらえる。



先手必勝というが、早く行動を移したものがビジネスの世界
では有利になることが本当に多い。


まずは知識を増やしてはいかがだろうか?

あなたにリスクは何もない。


今すぐこちらをクリック

(ブログに繋がります。 ヤフーオークション・ショッピングスト
ア無料資料請求はこちら」の部分をクリックしてください。資料
請求ページに飛びます)

こちらをクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ

注目記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://muryo21.blog80.fc2.com/tb.php/130-f7ed05c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。